春季特別展 『愛おしき日本画の人びと』


「人」というモチーフは洋の東西を問わず多くの芸術家を魅了し、今日に至るまで様々な人物表現が生み出されてきました。その領域は歴史上の英雄から町で見かける女性、あるいは宗教的な仏・聖人など、極めて広範に及びます。単に人間の姿形を描写するだけでなく、時代の理想や作者の思想が体現された人物画は、生き生きとした生命感で観る人を魅了してやみません。絵画に描かれた魅力あふれる人びとの姿を通して、作品に込められた作者の人間観や歴史観を感じとっていただければ幸いです。

#展覧会

特集記事
アーカイブ
タグから検索