拡大美術館『鶴亀』

池田輝方・蕉園『鶴亀』は能の演目を画題とした作品です。

鶴と亀が描かれており、鶴は頭に素敵な飾りを付けています。

池田蕉園の特徴である甘やかな画風は、伊藤深水や竹久夢二などの追随者を生みました。

本作も蕉園らしい、目元をぼかしたように描く物憂げな美人を堪能していただけます。

当館はショーケースなどを通さず、間近でじっくりとみていただけます。

是非実物を見にいらして下さい。




#日本画 #美術館 #アート #美術 #文化勲章 #文化勲章作家 #文化勲章受章者 #大阪 #泉州 #難波 #なんば #関西観光 #大阪観光 #大阪美術館 #カフェのある美術館 #美術館巡り #美術館めぐり #美術展 #美術館好きな人と繋がりたい #美術館好き #横山大観 #上村松園 #竹内栖鳳

特集記事
アーカイブ
タグから検索