top of page

拡大美術館

拡大美術館展示作品から竹内栖鳳「海嶋長夏」をご紹介します 。 中国では夏の終わりの湿気の多い時期を長夏と呼ぶそうです。 西洋の写実技法を学んだ栖鳳らしい卓越した描写力で、揺れる枝葉の動き、そして長夏特有の空気感が見事に表現されています。 潮風感じる作品、ショーケースなどを通さず作品を間近で体験できます。是非ご来館ください。


※次回学芸員による展示解説は14日(日)14時から、2階展示室で行います。

予約不要ですのでお気軽にご参加ください。






Comentários


特集記事
アーカイブ
タグから検索
bottom of page