冬季特別展「大観・玉堂・龍子 ―近代日本画の巨星」

近代日本画を代表する三人の画家、横山大観よこやまたいかん(1868-1958)・川合玉堂かわいぎょくどう(1873-1957)・川端龍子かわばたりゅうし(1885-1966)。彼らはそれぞれ異なる活動の場を持ちながらも、互いに交流し刺激を与えながら、三者三様の画境を切り開きました。本展では、新しい時代に即した日本画を模索し、その近代化に大きく寄与した大観・玉堂・龍子の作品を中心に、明治以降の日本画の歩みを振り返ります。近代日本画を牽引した先駆者たちの競演をお楽しみください。


特集記事
アーカイブ
タグから検索